BLOG

RSS1.0  RSS2.0

発売おめでとうございます!

ジェネオン・ユニバーサルのプロデューサー、Nです。

とうとうきました、発売日。楽しみだ!
緊張感よりワクワク感が強いリリース日はあまり無い事です。

「only my railgun」のリリースから約1年。
2009年、2010年は本当にfripSideと共に歩いたような1年でした。
シングルのリリースやら、アニサマ等数々のイベント出演。
色々な意味で毎回が勝負(?)のPV撮影などなど、
毎月がお祭りのような1年でした。

To satさん:

出会いから本当に色々な事がありましたが、無事アルバムが
リリースできてよかったです。

今回のアルバムはその曲順にsatさんの自信を感じます。
僕には決して決断出来ない曲順です。
聴いてくれるみんなもきっとその自信を受け止めてくれると思います。

satさんの作るメロディは様々な表情で人の心に問いかけます。
satさんの手がけるアレンジは様々な感情で人の心を揺さぶります。
今後も素敵な曲を作り続けてください。

To 南ちゃん:

まずは、毎回PV撮影では苦労をかけて申し訳ないです。お許しを。。。

南ちゃんはよく言います。「自分はfripSideの曲を上手く表現できているのか?」と。

南ちゃんは、声優として、表現者として、普段からシビアに自分を見つめているからこそ
出る言葉なんだと思います。
そういった姿勢は本当に素晴らしい事だと思います。
これからも是非自分をシビアに見つめて素敵な表現者になってください。

で、僕はというと、「とっても」を何回も繰り返さなくてはいけないほど
南ちゃんの歌声が好きです。
毎回出来あがった曲を聞いてちょっとホロっとするくらい。。。

これは内緒です。

To fripSide:
とにもかくにも、スタートから約1年おつかれさまでした。
2011年は、人間的にも一回り大きくなれるような年になるよう期待しています!

そして

To 聴いてくださるみなさん:
いつもfripSideの応援ありがとうございます。心から感謝します。

このアルバムにはfripSideの気持ちはもちろん、関わったスタッフやら
関係者の気持ちも一杯つまっています。
そこに、是非みなさんの気持ちも乗せて聴いてみてください。
結果楽しんでもらえたら本当に嬉しいです。

そして、気に入っていただけたら、、、今後もfripSideへの変わらずの応援を、
よろしくお願いいたします!

最後に!!
12月5日、GENEON fripSide FESTIVAL 2010にお越しいただける皆さん。
思いっきり楽しみましょう!!!
list page page top