BLOG

RSS1.0  RSS2.0

アニメロサマーライブ2010 熱狂パワフルレポート!

ちょっと遅めの昼ごはんをとって
心地よい睡魔に襲われている中西です。

先に告知したとおり、
本日21時30分からの「RADIO RONDOROBE-only my radiogun-」にて
10月13日の新曲「future gazer」(OVA「とある科学の超電磁砲」OPテーマ)が
宇宙最速オンエアーされてしまいます。

あぁ、震えがとまらんとです。
絶対に聞いてくださいね★

オンエアーまでもう少し時間があります!
それまでにぜひ、皆様に読んでもらいたいものがっ!

ジェネオン・ユニバーサルが誇るアゲアゲ宣伝マンAKIRAさんが
先日8月28日に行われたアニメロサマーライブ2010の
模様をレポートしてくれました!

読みながらお茶をすするのものヨシ!
サイリウム振って、暴れるのもヨシ!
なにやってもヨシ!
熱い!

-----------------------------------------------------------------------
アニメロサマーライブ2010-evolution-、初日8月28日。
サイリウムの海が広がるさいたまスーパーアリーナにfripSideが登場したのは
「レスキューファイヤー」(JAM Project×栗林みなみ)で初日の幕が
切って落とされた直後であった。

暗転したステージからSEが流れ、会場は緊張した空気に包まれる。
それぞれのオーディエンスが、思うがままに次のパフォーマーを予想したであろう。

そして「only my railgun」の破壊力抜群のイントロが流れると
会場は「オーッ」という歓声とともに一気にオレンジ色一色に変わった。
更にVoの南條愛乃の第一声がマイクを通り抜けた瞬間、
何人のファンの血液が沸点に達したであろうか?

南條が1コーラスを歌い終えると、突然演奏は止まる。
そして効果音とともにステージ上のビジョンにスロットが映し出された。
何が起こるのか?
何が始まるのか?

会場が固唾を呑む中、スロットには「マ」「ギ」「ー」の文字が浮かび上がった。
「only my railgun」のPVのでの1シーンを再現?
と誰もがマギー審司さんの登場を確信したであろう。

しかし期待と予測は見事にはずされる。
ステージ上にはマギー一門の12番目の弟子マギー利博が登場?!
誰?誰?誰なんだぁぁぁぁぁ?
完全に肩透かしである。

この段階で既にさいたまスーパーアリーナは完全にfiripSideに支配された状態であった。さらにスロットが再始動し、今度はPVで大活躍したマギー審司が確定。
「でかっくなっちゃた」と耳を各席に投げ入れ大いに盛り上がる。
しかしスロットはまた回り始める。「?」が脳裏に浮かぶ。
すると「司」「郎」の文字で確定。
何とマギー一門の御大マギー司郎が登場し追い討ちをかける。

そんな大仕掛けで度肝を抜かした1曲目が終わると南條のMCへ。
昨年は客席で見ていた南條は今年このステージ立てたことに対し
ファンへ感謝の言葉を告げる。

一呼吸おき、2曲目の「LEVEL5-judgelight-」の印象的なイントロが流れると
再び会場は大きな歓声で埋め尽くされる。

哀愁感漂うこのナンバーで全てのオーディエンスを包み込むと曲の後半で
satがショルダーキーボードを持ち、ステージ中央からのびる
花道のエリアでパフォーマンス。

その最中、花道の先端には黒い大きな鞄が置かれている。
「まさか?」と誰もが次のサプライズを期待する。
そんな期待をよそに何事もなかったように曲は終わり
satとともに黒い鞄はステージから姿を消してしまった。

なんだったのだ???

すると突然ビジョンにはエスパー伊東が映し出され、
「See you next year!」の文字が浮かび、圧巻のステージは興奮の中幕を閉じる。

演奏は言うまでもないが、パフォーマンスの部分においても
エンターテイメントに徹したfripSideのステージは
ファンの脳裏にから拭い去る事の出来ない強烈なインパクトを残した。
もはや「夏の思い出」としては衝撃度の強すぎる、そんな一瞬の出来事はあった。
list page page top